基本的な考え方

 近年廃棄物収集運搬業界においては、業者間の競争の激化や廃棄物ブローカーの活発な活動により料金水準の低下を余儀なくされる一方、法令順守の要求や環境保全・安全確保のための設備投資による経費が増加しています。

 その結果、経営基盤の弱い零細業者の業務品質が低下し、排出者及び自然環境への悪影響が生じてきています。

 

 このような状況を改善するためには、組合を設立して適正な料金水準を確保しつつ、業者の業務品質の向上を図っていくことが必要です。

 

 そこでまず適正な価格水準の業務を確保していくために、営業力の弱い組合員になりかわって営業力のある組合が前面に立ち、入札案件の受注・分配や業務の斡旋をしたり、団体交渉により廃棄物ブローカーなどの不当な値下げ圧力を回避していきます。

 

 次に業務品質の向上のために、組合員間の情報交換・連携によって効率的かつ高品質な業務手法・営業手法を確立し、組合ならではのスケールメリットを活かした共同購買メニューの積極的な開発などによって事業経費を削減していきます。

 

 さらに近年、ゴミの減量化の一環としてゴミ分別によるリサイクル化が進んできていますが、これらについては排出者の協力だけでなく廃棄物収集運搬業者においても適切な分別を行うための能力を向上していかなければなりません。そこで組合員の能力向上のために、専門家や当局担当者を招来しての講習会・業者間での研究会を積極的に行って行きます。

 

さらに環境保全対策として低公害車の導入などを検討する、遺品整理などの新分野の事業ノウハウを習得するなど、社会のニーズに応じながら排出者へのサービスの向上を図るためのバックアップをしていきます。

アクセス

〒545‐0051

​ 大阪市阿倍野区旭町1-1-26

 あべのビル901

お電話&ファックス

  TEL   06‐6575‐9809

  FAX   06‐6575‐9869 

  • Facebook Social Icon

大阪廃棄物事業協同組合

​大阪市